ラマンという映画

ラ・マン、という、エロちっくな映画のDVDがあって、たまーーに見ますが、
あのロケーションに行く人、行った人っていうのが多いって最近知ってびっくりしました。
サイゴンまで行って、「ここがロケ地かー」って。

今は宿舎も変わってしまったようですけど、あの映画ではとってもいい感じになってますね、
いきたくなるのも分かる気がします。
でも、行くとガッカリしますよ。

私はイギリスの「ノッティングヒルの恋人」の、ブルードアへ行った事がありますが、
やはり、、がっかりします。
だって今は青くないドアだし、誰もいないし(誰かが住んではいます)、
分いこもまるで違います。

映画そのまま、ってところはないのでしょうねー。

NHKのドラマの舞台になったというところにも行った事がありますが、
そのドラマがやってる時は人気でも、終わったらどうなるのか、、。

もったいないくらいにいい建物になってました、あれ、、、どうするんだろう。
数年後に行ったら廃墟になってるかも。
なにごとも、話題になってる時に行くのが盛り上がっていていいかもです、
、、、混んでますけど。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、しゅんやが2019年12月 1日 15:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「目が垂れてきた」です。

次のブログ記事は「婚活ブーム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。