そうかー。

そういえば、新年号になって。
もしかしたら兄弟や姉妹でも、上の子は平成、下は新年号、って事があるわけだよね。
親は、、、平成か、昭和です。
面白いねー。
とはいえ、そろそろ年号なんてやめてもいいなとも思います。
分かりにくくて。

新年号になってもしばらくは落ち着かないし、計算が面倒になったり、
今回は特に、天皇が生きたままのものだから複雑です。
日本の天皇制度も今後どうなっていくのやら。
男の子がまた産まれなかったら、次回もまたモメるんでしょうねー。

どうして男の子じゃなきゃダメなのか、、って、これも随分と論争を重ねていますよね。
そのうち、子供が出来なくて「どうする!!」ってことにもなるのかも。

外国人に年号の話をしても理解しにくく、なんとなくそんなものがあるみたいだね、
くらいな感覚です、、、だからって困る事はないけどね。
「あの人、昭和生まれだからー」
なんて会話は日本人同士しかしないでしょうし。
とはいえ、天皇が亡くなると「なんとか天皇」になるのは知ってる(?)みたい。
複雑ですね、死なないと理解されないなんて。
というより、元号の中で生活してるっていうのが分かりにくいみたいです。

このブログ記事について

このページは、しゅんやが2019年7月 1日 16:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「缶詰」です。

次のブログ記事は「パワーストーン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。